[情報] ネットワークエンジニア、サーバーエンジニアで分けられない専門性2022年版

設計、構築、運用という90年代にありそうな作業レイヤと2022年の作業分担の形は大きく違ったものに進化を遂げてきている。

例えばAWSのようなクラウドリソースを利用することで、構築はほんの数分でも仮想マシンをデプロイできるようになる。

さらには、インスタンスはデプロイしただけで自動的に冗長化もされる仕組みと思われるので、運用中のハード障害対応という話はクラウドシステムの場合はありえないこととなっている。

エンジニアの背景は様々にあるものの、現在生息している技術者の特徴を挙げて行きます。

・アプリケーション開発エンジニア
 Androidアプリなどスマホプラットフォーム、
 JavaやHTML5などWebアプリ
 LinuxやWinows向けアプリ開発

・AWSなどクラウドにシステム構築を行うエンジニア

・データベースエンジニア

・ネットワークエンジニア

・モバイル系エンジニア

・各分野の基本設計や詳細設計を行うエンジニア

以上です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
🐇記事が気に入ったら拍手してみてね☆
※拍手はFC2ブログの標準機能です。

アンドロイドに関する小技をもっと見たい方は、
こちらよりどうぞ。

関連記事

格安SIMお申込みボタン

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

なんでもリクエスト フォーム

※当サイトの「なんでもリクエスト」を利用したお取引きは全て無料です。
※リクエスト後、24時間以内にメールにてご返信を差し上げます。
※ご入力頂いたメールアドレスは本取引き以外で利用しません。
※PCメールよりご返信しますので受信拒否設定などにご注意ください。


紹介をご希望のサービス名:


お名前(ニックネーム可):


受信用メールアドレス:

[コンピュータ] ジャンルランキング

558位/10000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!

サイト内検索

OCN モバイル ONE 端末セット本体
1円