5Gで使われるFR1(sub6GHz)とFR2(ミリ波)の違いとは 4Gと5Gの違いも解説 | ネットワーク屋のナレッジ

5Gで使われるFR1(sub6GHz)とFR2(ミリ波)の違いとは 4Gと5Gの違いも解説


・sub6GHz
LTEと特性は変わらない新しい5G周波数で、6GHz以下の周波数。又、すでに利用されている GHz帯のLTEの周波数を 5Gに転用する動きも見られます。

・ミリ波
指向性の高い電波で高速である分、カバレッジが狭い。そして障害物に弱い。

最後に 4G と 5Gを図面で解説します。
左が「嘘」。右が本当です。
20211230133506b05.jpg
尚、5Gのミリ波に利用価値を筆者は感じておりません。5GのCUPSアーキテクチャやRANのオープン化(O-RAN)の動向には価値を感じますが、利用する周波数帯はGHz帯で十分です。ミリ波を使わなくても、キャリアアグリゲーション及びMIMOの技術で速度の向上が可能です。

ミリ波の利得が有るとすれば、MIMO構成との比較で基盤コストや故障リスクの低減が考えられます。

それと、仮にミリ波での通信速度が sub6の10倍出たとして、端末の通信先であるデータネットワークやEPCに、対応する速度のカバレッジがないと End-to-Endで高速通信になりません。例えば、NSA構成で端末の対向がEPCの場合、データセンターのネットワーク機器とサーバーのSFPを10Gから100Gのインターフェースに設計を見直す必要があります。以上です。

記事が気に入ったら拍手B!してみてね☆



コメント

非公開コメント

関連記事

格安SIMお申込みボタン

サイト内検索

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

なんでもリクエスト フォーム

※当サイトの「なんでもリクエスト」を利用したお取引きは全て無料です。
※リクエスト後、24時間以内にメールにてご返信を差し上げます。
※ご入力頂いたメールアドレスは本取引き以外で利用しません。
※PCメールよりご返信しますので受信拒否設定などにご注意ください。


紹介をご希望のサービス名:


お名前(ニックネーム可):


受信用メールアドレス:

[コンピュータ] ジャンルランキング

588位/10000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!
OCN モバイル ONE 端末セット本体
1円