コロナ調査 2022年 1月下旬 | ネットワーク屋のナレッジ

コロナ調査 2022年 1月下旬




信憑性は低い知恵袋の回答(オミクロンの次の新株命名予測)
コロナワクチンの特例承認取消しを求める第2回口頭弁論が、来週木曜日に、東京地裁で開かれる。2021年10月12日の第1回では、原告側の弁論があり、今回は国側の答弁だ。この訴訟の原告は、私達全ての日本国民だ。訴訟の内容としては、先ず国のワクチン政策により、一億人もの日本国民が安全性の確認が不十分なまま特例承認されたワクチンを接種し、6万人以上の副反応による死者が出ている。早期から、副反応による被害は、はっきりしていたにも関わらず、国はワクチン接種を進めた。この事は、大量の日本国民に対する未質の故意による殺人行為だ。よって国は、訴状の内容により原告側の訴えに真摯に裁判で対応すべきだ。しかし、国側の答弁書の準備書面では、原告側訴えの全てを、争訟性が無いなどと訴えの認否を一切避けるべく、逃げ切ろうとしている。この主張は、全く的はずれだ。訴状は、既に裁判所により受理され、審理が始まっているのだ。2020年のアメリカの場合のように、裁判所が争訟性を認めず却下したのとは、訳が違う。既に始まっている裁判だ。原告は、全国民なので、全ての国民が注目している。国は、正面からの戦いを避けることは本来絶対に出来ない。しかし、現実的には報道規制により、全く報道もなされず、国側に都合よく国民の関心も殆ど無い為、裏でこっそりと何も無かったように片付けられる可能性が大きいのだろう。

このコメントは非常に興味深い所があります。しけしながら、ワクチン接種は自由だったはずです。国の肩を持つわけではありませんが、筆者は、過去の厚労省のページを分析した結果、ワクチンは信頼性にかけると判断し、ワクチンを避けておりました。


詳しくはこちら


台湾論文:「たとえ無症状感染者と濃厚接触しても、99.6%感染しない」
武漢論文:「たとえ無症状感染者と濃厚接触しても、100%感染しない」

これは無症状患者が二次感染を発生させるリスクが極めて0に近いことを示しています。例えるなら、無症状はミジンコ以下の存在といえよう。

記事が気に入ったら拍手B!してみてね☆



関連記事

格安SIMお申込みボタン

サイト内検索

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

なんでもリクエスト フォーム

※当サイトの「なんでもリクエスト」を利用したお取引きは全て無料です。
※リクエスト後、24時間以内にメールにてご返信を差し上げます。
※ご入力頂いたメールアドレスは本取引き以外で利用しません。
※PCメールよりご返信しますので受信拒否設定などにご注意ください。


紹介をご希望のサービス名:


お名前(ニックネーム可):


受信用メールアドレス:

[コンピュータ] ジャンルランキング

537位/10000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!
OCN モバイル ONE 端末セット本体
1円