Ciscoの AMF Overview | ネットワーク屋のナレッジ

Ciscoの AMF Overview


SCTPエンドポイント(EP)ポッドタイプは、AMFとgNB間のSCTPインターフェイスをサポートします。一度に実行されるSCTPEPポッドは1つだけです。 GUAMIに加えて、SCTPバインドアドレスもAMFに固有です。複数のSCTPEPが実行されている場合、それらは異なるSCTPアドレスにバインドする必要があります。その場合、それらは同じAMFの一部にはなりません。

SCTP EPは、各メッセージをSCTPペイロードを使用してGRPCメッセージに変換します。 TCPとは異なり、SCTPメッセージはプロトコルによって区切られているため、SCTPEPがメッセージの境界を把握する必要があるという知識は他にありません。

NGAP EPまたはノードマネージャは、NGAPメッセージの終了を提供します。ノードマネージャは、gNBからのすべてのNGAPメッセージの処理を終了します。 gNBからのすべてのメッセージは単一のノードマネージャーによって処理されますが、1つのノードマネージャーは複数のgNBからのメッセージを処理できます。これにより、ノードマネージャはgNBの両方の状態と、UE、gNB、およびAMF間の1つの接続を管理できます。

 同じgNBからのメッセージがノードマネージャの複数のインスタンスに分散された場合、AMF内のgNBの状態を担当する単一のエンティティはAMF内にありません。
AMFサービスポッドは、UEにアクセスおよびモビリティ機能を提供するために必要なロジックを実装します。これには、登録、ハンドオーバー、およびPDUセッション関連の手順の処理が含まれます。
記事が気に入ったら拍手B!してみてね☆



関連記事

格安SIMお申込みボタン

サイト内検索

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

なんでもリクエスト フォーム

※当サイトの「なんでもリクエスト」を利用したお取引きは全て無料です。
※リクエスト後、24時間以内にメールにてご返信を差し上げます。
※ご入力頂いたメールアドレスは本取引き以外で利用しません。
※PCメールよりご返信しますので受信拒否設定などにご注意ください。


紹介をご希望のサービス名:


お名前(ニックネーム可):


受信用メールアドレス:

[コンピュータ] ジャンルランキング

588位/10000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!
OCN モバイル ONE 端末セット本体
1円