MPLSとLDP、RSVP-TEの違いとは

MPLS とはマルチプロトコルをラベルスイッチングすることです。
MPLS網とは、ラベルスイッチングを用いて実現されているネットワークを意味します。

LDPはラベルディストリビューションプロトコルのことであり、
MPLSを実現させるための具体的なプロトコルを示しています。

RSVP-TEは、トラフィックエンジニアリングを実現するリソースリザベーションプロトコルを総合的表現です。
MPLS網内でQoSを実現するためのオプション機能と理解しておくとよいでしょう。

以上です。
🐇記事が気に入ったら拍手してみてね☆
※拍手はFC2ブログの標準機能です。

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!