2020年代の赤魚は輸入物らしい | ネットワーク屋のナレッジ

2020年代の赤魚は輸入物らしい


赤魚はスズキ目メバル科に属するメバルの一種

1960~1970年代には、北洋で獲れたアラスカメヌケが赤魚と呼ばれて、大量に販売されていたそうです。この魚も漁獲量が減少したため、モトアカウオやチヒロアカウオなど、メバル科の近縁種が赤魚と称され、お店で切り身や粕漬けとして販売されている加工品は、ほとんどがこの2種類の魚の輸入品であります。
記事が気に入ったら拍手B!してみてね☆



関連記事

格安SIMお申込みボタン

サイト内検索

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

なんでもリクエスト フォーム

※当サイトの「なんでもリクエスト」を利用したお取引きは全て無料です。
※リクエスト後、24時間以内にメールにてご返信を差し上げます。
※ご入力頂いたメールアドレスは本取引き以外で利用しません。
※PCメールよりご返信しますので受信拒否設定などにご注意ください。


紹介をご希望のサービス名:


お名前(ニックネーム可):


受信用メールアドレス:

[コンピュータ] ジャンルランキング

289位/10000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!
OCN モバイル ONE 端末セット本体
1円