副業などで確定申告が必要になるサラリーマンの例

無料の会計自動化ソフト マネーフォワード クラウド会計
2021012422341049d.jpg
まずは、確定申告期間と申告の時期ついてです。

確定申告期間については
1/1〜12月末までこ一年単位で対象期間となります。

申告の時期については国税庁の通知次第ですが、
例年は2月中旬〜3月中旬が申告時期となっています。

■確定申告が必要となる例
・個人事業主
・ふるさと納税で、ワンストップ特例制度を利用しない場合、または6つ以上の自治体に申し込んでいる場合。
・副業で年20万円を超える利益を得たサラリーマン。
年収が2,000万円を超える給与所得者。

■確定申告不要の例
・単一の会社からお給料をもらっている、一般的なサラリーマン。
株式投資などで利益を得た場合、源泉徴収ありの特定口座で取引をしている場合。
・副業における経費を差し引いた利益が20万円以下の場合。

経理について、ひよっこの私ですが、
今日調べた内容をまとめてみました。
以上です。
🐇記事が気に入ったら拍手してみてね☆
※拍手はFC2ブログの標準機能です。

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!