'96年の貝割れ大根のO-157でさえテキトーな見解だった厚生省(現厚生労働省) | ネットワーク屋のナレッジ

'96年の貝割れ大根のO-157でさえテキトーな見解だった厚生省(現厚生労働省)


1996年に大阪府堺市で給食からO-157が出て食中毒になった事件ですね。

インターネットが普及してない時代から、厚生労働省はテキトーだったとは。
そして、テキトーなWHOの設立については1948年らしい。いつからつるんでるんだかなぁ。

又、厚生労働省の前身である厚生省の設立年は1938年とのことです。2022年現在は、当初のメンバーがやっと寿命を迎える頃でしょうか。
記事が気に入ったら拍手B!してみてね☆



関連記事

格安SIMお申込みボタン

サイト内検索

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

なんでもリクエスト フォーム

※当サイトの「なんでもリクエスト」を利用したお取引きは全て無料です。
※リクエスト後、24時間以内にメールにてご返信を差し上げます。
※ご入力頂いたメールアドレスは本取引き以外で利用しません。
※PCメールよりご返信しますので受信拒否設定などにご注意ください。


紹介をご希望のサービス名:


お名前(ニックネーム可):


受信用メールアドレス:

[コンピュータ] ジャンルランキング

432位/10000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!
OCN モバイル ONE 端末セット本体
1円