[食品] ワカメを食べても生牡蠣を食べても髪の毛が増えない理由

20210125235117cef.jpg

ハゲ改善の結論としては、美容整形を施すのが最も現代的です。
また、期待は出来ないものの市販薬では、
効果があるかもしれないノコギリヤシというサプリもあります。

本題に入る前に
なぜ男性はハゲでしまうのかについて解説して行きます。

ハゲは進化の証です。
そのハゲの成すメリットとは冷却効率だそうです。
(原始人かよ)

いざ、切り裂きジャックとの戦闘で勝率を上げるために進化と言うことです。
筋肉運動により熱が発生しますが、その際に熱がこもりすぎると、
のぼせてしまい本来の力が出せなくなるわけです。

ですので、少しでも冷却効率を上げるために
人間の頭頂部は毛をなくすように進化したそうです。
(猿に生まれりゃよかった)

では本題ですが、ワカメを食べても髪が増えない原因は
髪を成長させる成長因子という頭皮に存在するタンパク質を
男性ホルモンが殺してしまうためです。

男性ホルモンにも種類がありますが、
血中に存在している間はテストステロンです。

そのテストステロンが、毛根にある5αリダクターゼにより、
ジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンに変換されます。
そのジヒドロテストステロンの作用で成長因子をやっつけてしまうそうです。

このような仕組みであるため、
ワカメを食べるだけでは、ハゲを阻止することは不可能と言えるのです。

以上、毛髪診断士から教えてもらったハゲ情報でした。

🐇記事が気に入ったら拍手してみてね☆
※拍手はFC2ブログの標準機能です。

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!