[悲報] 107円未満の寄付しか出来ない貧乏人は Wikipediaに寄付できない件

話題の情報
202108030349573a6.png

いつも助けてもらってる Wikipediaに寄付する気になったのです。

そして左側のメニューから寄付を選択して、なけなしの15円を入力しました。
蒲焼さん買っても1円ぐらいお釣りが来る額だというのに少し悲しくなりました。

ちなみにアマゾンギフト券は15円〜の発行が可能で、ブロガーの間では投げ銭として流通しており、庶民の寄付額であることは言うまでもございません。

どうも手数料がかかるみたいな表示も出ていました。
そりゃ、クレジット払いとかなんだもん。

PayPay銀行の口座を教えてくれれば、同行間は手数料無料だから15円送金したいのですけどね。

格が違うということなのか、疎外感も感じて少しだけ残念です。


2021/8/12追記:

20210812202915c98.png

寄付ページの一番下に、「その他の寄付する方法」なるものを見つけたのです。そこには銀行振込もあります。

しかし、残念ながらカリフォルニアのcitibankのみでした。

しかし、amazon payという選択肢もあったので試してみます。

202108122040003b0.png

駄菓子が買えるだけの15円をなんとしても寄付したい一心で「15」の数字を入力し amazon payを押します!


20210812204001c30.png


おっ、おおお、おぉ!

15円のはずが15ドル!?ここで詐欺られるほど、おいらも馬鹿じゃあございません。なんて寸法なんだWikipedia。

Wikiちゃんなかなかの口車という訳だが、それなら15セントじゃないとならない訳だ。ごめんねWikiちゃん。
🐇記事が気に入ったら拍手してみてね☆
※拍手はFC2ブログの標準機能です。

関連記事

格安SIMお申込みボタン

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

なんでもリクエスト フォーム

※当サイトの「なんでもリクエスト」を利用したお取引きは全て無料です。
※リクエスト後、24時間以内にメールにてご返信を差し上げます。
※ご入力頂いたメールアドレスは本取引き以外で利用しません。
※PCメールよりご返信しますので受信拒否設定などにご注意ください。


紹介をご希望のサービス名:


お名前(ニックネーム可):


受信用メールアドレス:

サイト内検索

OCN モバイル ONE 端末セット本体
1円