ルーティングプロトコルであるOSPFで扱う6つのエリア

今回はOSPFの基本であるエリアの種類についての説明です。

バックボーンエリア
 →AS内で全種類のエリアが接続されるバックボーンとなるエリア。
  バックボーンエリアのエリア番号は0を利用する。

標準エリア
 → バックボーンエリアと隣接するエリア番号0以外のエリア。
  LSA Type3, 4, 5を取り扱う。

スタブエリア
 →トータリースタブエリアでは LSA Type3を受信しないが、
  スタブエリアでは受信する。
  そのほかはトータリースタブエリアの説明を参照。

トータリースタブエリア
 →LSA Type3, 5を受信せず単純な処理に専念する。
  トータリースタブエリアとの接続点にいるABRが教えてくれるデフォルトルートを使用
  して別のOSPFエリア、または非OSPFネットワークへアクセスできるようにする。

NSSA(Not So Stubby Area)
 →外部ネットワークを接続できるようにしたスタブエリア
  外部ルートの再配布を受けたとき 伝播を NSSA内にとどめる
  LSA Type7が発生する。
  NSSA上のASBRで発生した LSA Type7の経路は、他のエリアに
  流れる際は LSA Type5で伝播する。

トータリーNSSA
 →トータリーNSSA上のASBRで発生した LSA Type7の経路は、他のエリアに
  流れる際は LSA Type5で伝播する。

以上です。

-公告-シングルエリアOSPFからマルチエリアOSPFまで基礎から固めたい人は以下もおすすめです。

🐇記事が気に入ったら拍手してみてね☆
※拍手はFC2ブログの標準機能です。

関連記事

格安SIMお申込みボタン

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

なんでもリクエスト フォーム

※当サイトの「なんでもリクエスト」を利用したお取引きは全て無料です。
※リクエスト後、24時間以内にメールにてご返信を差し上げます。
※ご入力頂いたメールアドレスは本取引き以外で利用しません。
※PCメールよりご返信しますので受信拒否設定などにご注意ください。


紹介をご希望のサービス名:


お名前(ニックネーム可):


受信用メールアドレス:

[コンピュータ] ジャンルランキング

800位/10000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!

サイト内検索

OCN モバイル ONE 端末セット本体
1円