BGP(Boader Gateway Protocol)のパスアトリビュートの使われ方

BGPで学んだ宛先までのルートが複数ある場合、
以下のロジックによって使うルートを判定するようになっている。

Cisco独自 WEIGHTの大きいルートを優先
LOCAL_PREFが大きいルートを優先
networkコマンドで生成したローカルルートが発生源であるルートを優先
AS_PATHが少ないルートを優先
ORIGINが最も小さいルートを優先(igp<egp<Incomplete)
MED(Multi Exit Disc)が小さいルートを優先
iBGPよりeBGPで学習したルートを優先
Nexthopに対してIGPメトリックの小さいルートを湯煎
eBGPネイバーから受信したルートのうち受信が早いものを優先
・・・

10個目以降のロジックともなると、
使われるのかも謎のため割愛させて頂きます。

以上です。
🐇記事が気に入ったら拍手してみてね☆
※拍手はFC2ブログの標準機能です。

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!