[情報] ITエンジニアの将来性、業務の概要を学べる記事

現役の社畜エンジニアmomokokkoが読んで納得の記事です。


解説の冒頭にあるように、基本設計、詳細設計、構築、運用があるのは確かです。このプロジェクトにおけるフェーズの存在は90年代から大きく変わったりはしていません。

運用・監視においては、その昔はサーバーやネットワークに異常が無いかを24h365d監視する専門の部隊が存在していましたが、このポジションについては最近は減少傾向と思われます。

なぜなら、現在は可用性の高いシステム設計が基本となっており、障害が起きても副系に自動に切り替わりサービス提供が維持されて当然とも言えるように構築されるのが定説となって来ているためです。例えばAWSなどよい例です。現在も運用・監視という業務で残っているとすれば、セキュリティオペレーションセンターぐらいのような気がます。

まま、システム障害は監視プログラムが担い、アラートは保守部隊に通知されることでしょう。保守部隊も保守1本でやっておらず構築と兼任だったりするのが現在の仕事の形かと思われます。

今日も読んでくれて有難うございました。以上です。
🐇記事が気に入ったら拍手してみてね☆
※拍手はFC2ブログの標準機能です。

関連記事

格安SIMお申込みボタン

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

なんでもリクエスト フォーム

※当サイトの「なんでもリクエスト」を利用したお取引きは全て無料です。
※リクエスト後、24時間以内にメールにてご返信を差し上げます。
※ご入力頂いたメールアドレスは本取引き以外で利用しません。
※PCメールよりご返信しますので受信拒否設定などにご注意ください。


紹介をご希望のサービス名:


お名前(ニックネーム可):


受信用メールアドレス:

[コンピュータ] ジャンルランキング

529位/10000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!

サイト内検索

OCN モバイル ONE 端末セット本体
1円