[情報] クラウドアーキテクチャを操るサーバ屋 vs ネットワーク屋 vs なんでも屋戦争

AWS、GoogleCloud、OracleCoudなど、クラウド基盤の旬が続く2021年末も間近です。

さらにクラウド化に加えコンテナ化というマイクロアーキテクチャの世界もCisco社など大手企業が協賛し、開発を進めている世の中です。

クラウド基盤以前は、物理ネットワークの展開、オンプレサーバーの構築と言えば構築する技術者は別れていることが多かったと思います。というより分業にしなければ、納期面などでタイムラインが不利になるためネットワークとサーバーは並行して構築、最後に結合というスタイルが多かったように思います。

しかし2010年代頃より、AWSなどのクラウド基盤でのサービス構築が実績を上げるケースが多くなるにつれ、スモールスタート、および規模に弾力性(
Elastic)に優れたクラウド基盤が世間にも技術者にも好まれるようになってきました。

サーバーの仮想化は80年代から思想の存在はありました。そして現在はネットワークまでもが仮想化可能な時代となっています。

クラウド基盤上に仮想マシンや仮想ルータを気軽にデプロイできるようになったことにより、サーバー、ネットワーク両方のスキルセットを持つ技術者へどちらも容易かつ短期間でのサービス基盤構築が可能となったのです。

そのため、これからの時代はサーバー、ネットワークの垣根を越えた、なんでも屋
の技術者が登場し活躍することでしょつ。

つまり2022年〜専門領域に偏りがある。サーバーやネットワークどちらか片方のスキルだけで立ち回るのが難しくなると考えられます。

たとえ分業していたとしても、自分側が他社側の被疑なのか切り分けるためにもサーバ、ネットワークどちらの知識も必要となるのです。

よって、なんでも屋が世を制する時代になって行くことが予想されるということです。この記事を読んだ方はさぞかし勉強家なことでしょう。この機会に専門外の領域にも共にチャレンジして頂けますと幸甚です。

本日も読んでくれて有難うございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
🐇記事が気に入ったら拍手してみてね☆
※拍手はFC2ブログの標準機能です。

アンドロイドに関する小技をもっと見たい方は、
こちらよりどうぞ。

関連記事

格安SIMお申込みボタン

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

なんでもリクエスト フォーム

※当サイトの「なんでもリクエスト」を利用したお取引きは全て無料です。
※リクエスト後、24時間以内にメールにてご返信を差し上げます。
※ご入力頂いたメールアドレスは本取引き以外で利用しません。
※PCメールよりご返信しますので受信拒否設定などにご注意ください。


紹介をご希望のサービス名:


お名前(ニックネーム可):


受信用メールアドレス:

[コンピュータ] ジャンルランキング

558位/10000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!

サイト内検索

OCN モバイル ONE 端末セット本体
1円